PRODUCT INTRODUCTION

製品紹介

医療機関向け
CureApp禁煙

患者さまごとの禁煙治療の状況やその日の体調に応じてパーソナライズされた
ガイダンスを行うことで、ニコチンの心理的依存に対してその作用を発揮し、
ニコチン依存症治療に貢献します。

慶應義塾大学呼吸器内科教室と共同開発
2017年3月31日特許を取得しました

なぜCureAppは禁煙治療に取り組むのか

喫煙が深刻な死亡要因となっているにも関わらず、禁煙を成功させるのに必要不可欠な心理的依存を治療するため
のサポートは未だ十分ではありません。私たちはこの現状をテクノロジーを用いて
変革していきたいと考えています。

喫煙は日本における第1位の死亡因子である
我が国における危険因子に関連する
非感染疾病と外因による死亡数(2007)
出典)THE LANCET 日本特集号(2011年9月) 日本:国民皆保険達成から 50年なぜ日本国民は健康なのか(厚生科学研究:我が国の保険医療制度に 関する包括的実証研究、渋谷健司より作成)
現在、心理的依存に対する治療介入が十分ではない
ニコチン依存症治療法

ニコチン依存症には身体的依存と心理的依存の2つの側面が あります。禁煙補助剤は身体的依存には効果がありますが、 心理的依存には医学的エビデンスに基づいて有効性を示された 治療法が存在しないため、適切に介入できる治療法が 求められます。

医療機関向け
CureApp脂肪肝

個々の患者さまに最適化された診療ガイダンスを外来受診時以外にも継続的に行うことで、
現在有効な治療介入が存在しないNASHの病態と生命予後の改善が期待されます。

東京大学医学部附属病院と共同開発

なぜCureAppは脂肪肝治療に取り組むのか

まだ世の中に十分に知れ渡っていませんが、脂肪肝が進行すると肝硬変や肝がんになり、死亡リスクの大きな
状況に陥ってしまいます。しかし脂肪肝の治療法は現状確立していません。CureAppはテクノロジーの力を
用いて深刻な事態を未然に防ぐ治療法を新しく創り出したいと考えています。

脂肪肝や肝硬変や肝がんに進行すると
死亡リスクや医療費が大きく増大してしまう

脂肪肝から肝硬変に進行すると肝がんになる可能性が大きく増します。肝硬変になった場合、二度と正常な肝臓に戻すことはできないため、脂肪肝の段階で適切な治療を行う必要があります。

脂肪肝の治療法は確立していない

現状ガイドラインで示されている最も信頼性の高い治療法は食事や運動療法による体重減量のみで、確立された治療法がまだ存在しません。

法人向け「健康経営支援 モバイルヘルスプログラム」第一弾
ascure(アスキュア)禁煙プログラム

医療機関向け「治療アプリ」開発で蓄積した知見を民間企業の健康増進にも活用頂けるよう、
法人向け「健康経営支援プログラム」を展開していきます。
その第一弾として、新しい禁煙指導プログラムを提供しています。
従来の禁煙外来・禁煙プログラムが持つ課題に対し、
テクノロジーを活用して新しいソリューションをご提供しています

詳しくはこちら