高血圧情報サイト
powered by株式会社CureApp

血圧が気になる方へ
高血圧で知っておきたいポイントとは?

「健康診断で血圧が高いと言われたが、症状もないため何をすればいいのかわからない」「薬を飲み続けることになりそうで、病院を受診するのを躊躇している」
血圧について指摘された方の中には、次の行動が踏み出せない方もいるのではないでしょうか。

「血圧が高い」と言われたら受診し、医師とともに治療方針を決めることが最初の一歩です。

監修:鹿児島大学大学院 心臓血管・高血圧内科学 教授 大石充先生

このサイトでわかること

このサイトでは、高血圧がどのような病気で、どのような治療法があるのかをお伝えし、高血圧との付き合い方について紹介します。

高血圧にはレベルがある?

高血圧治療ガイドライン2019では高血圧のレベルごとに治療の管理方法が示されています。
指摘された血圧はどんな治療が必要か確認してみましょう。

あなたの診察/検診時の血圧は?

※チェック結果で゙疾患が確定診断されるものではありません。

高血圧ってどんな病気?

高血圧とは、血圧が正常より高い状態が続くことを言います。
高血圧の基準となる血圧値は、病院で測定する診察室血圧と、自宅で測定する家庭血圧では数値が異なります。
血圧はさまざまな要因で変動します。そのため、毎日なるべく同じ条件で血圧測定をして推移をみましょう。血圧測定の記録は医師が治療する際の判断材料になります。

高血圧の判断基準の違い

診察室血圧 家庭血圧
収縮期血圧(最高血圧) 140mmHg以上 135mmHg以上
拡張期血圧(最低血圧) 90mmHg以上 85mmHg以上
日本高血圧学会「高血圧治療ガイドライン2019」より

高血圧を放っておくと
どうなる?

高血圧の状態が続くと、血管に負荷がかかり続け動脈硬化を引き起こします。
動脈硬化は以下のような、脳や心臓、腎臓の病気のリスクを高めます。

脳卒中
脳の血管が詰まったり、破れたりすることで、麻痺や意識障害などを引き起こします。最悪の場合命を落とすことも。治療後に後遺症が残ることも少なくありません。
心疾患
心臓の筋肉を養っている血管(冠動脈)が動脈硬化で詰まってしまう心筋梗塞・狭心症や、心不全などの心疾患を引き起こします。
心筋梗塞は血圧が上昇する時に多発すると言われています。
慢性腎臓病
高血圧は腎臓にも大きな負荷をかけてしまい、腎機能障害を引き起こすこともあります。腎機能低下が進行すると、人工透析を受けないと生命維持できなくなります。

血圧と病気の関係

血圧と心血管イベント※(脳卒中、心筋梗塞や虚血性の心臓病など)の関係について、海外の大規模な研究で「心血管疾患の既往に関わらず、また正常~正常高値血圧であっても、収縮期血圧(SBP)の5 mmHgの低下は主要心血管イベントを10%減少させた。」と明らかにされました。
この研究では高血圧ではない130mmHg未満の症例でも、収縮期の血圧を5mmHg下げることで心血管イベントの抑制ができることも明らかにしています。
※イベントとは・・・疾患や症状の発症,入院,死亡などの有害な事象のこと
(Prof Kazem Rahimi, Lancet; 397: 1625–36 2021)
高血圧の原因について