高血圧情報サイト
powered by株式会社CureApp

高血圧の治療について

高血圧の治療を確実に行うことで血圧は下がります。それにより、脳卒中や心疾患などの病気のリスクを低減することができます。
本態性高血圧の治療には主に2つの治療法があります。それは生活習慣の改善と薬物療法です。

治療法その1

生活習慣の改善について

生活習慣の改善は、非薬物療法とも呼ばれ、高血圧の治療では基本となります。塩分量の管理や継続的な運動などが代表的な項目です。

なぜ生活習慣の改善が大事なの?

生活習慣の改善を行うことで、血圧を下げられるだけでなく、降圧薬の増強効果や減量も期待できます。
また、毎日の生活を工夫して少しずつ改善していくことで、長期的に心血管病のリスクを下げることができます。

高血圧には改善すると効果的といわれている生活習慣があります。
具体的にどのような生活習慣を改善するのか見ていきましょう。

生活習慣改善のための取り組み

食塩制限
高血圧の生活習慣の改善において塩分量を減らすことは何より重要です。1日あたり6g未満にすることを目標とします。
栄養素と食事パターン
カリウムはナトリウムを排出する働きを持つため、積極的に摂りたい栄養素です。特に野菜、果物に多く含まれています。
適正体重の維持
肥満と高血圧発症の関係性が強いことは、多くの研究で発表されています。BMI※が25未満になるよう、体重を維持しましょう。

※BMI=体重(kg)÷身長(m)2

運動
有酸素運動の降圧効果は各種研究で報告されています。運動は定期的に(可能であれば30分以上持続)無理なくチャレンジしましょう。
節酒
多量の飲酒、長時間にわたる飲酒は血圧上昇の原因のひとつ。エタノールで男性は20mL~30mL/日(ビールは中ビン1本)以下、女性では10~20mL/日以下に制限しましょう。
禁煙
1本の紙巻きタバコで、15分以上血圧上昇が持続します。高血圧だけでなく動脈硬化、がんの危険因子でもあるので、百害あって一利なし。
高血圧とは、血圧が正常より高い状態が続くことを言います。
高血圧の基準となる血圧値は、病院で測定する診察室血圧と、自宅で測定する家庭血圧では数値が異なります。
血圧はさまざまな要因で変動します。そのため、毎日なるべく同じ条件で血圧測定をして推移をみましょう。血圧測定の記録は医師が治療する際の判断材料になります。
血圧を診断する
治療法その2

薬物療法について

ここからは薬物療法について紹介します。
医師は患者さんの状態に合わせて適切な薬を選択し処方します。
それぞれの特徴は以下の通りです。

処方される薬の特徴

カルシウム拮抗薬
Ca拮抗薬は血管の筋肉に対するカルシウムの働きを抑えることで、血管をひろげ血圧を下げる効果があります。
アンジオテンシン受容体拮抗薬/
アンジオテンシン変換酵素阻害薬
血管の収縮や血圧の上昇を促す物質の生成を阻害したり、ブロックしたりすることで血圧を下げます。
利尿薬
血管から食塩と水分(血流量)を抜いて血圧を下げます。
β遮断薬
交感神経刺激が心筋に伝わるのを抑え、心臓の過剰な 働きを抑えることで降圧します。
ここまでお伝えしてきたように、本態性高血圧の治療には「生活習慣の改善」と「薬物療法」があります。
生活習慣の改善はそれ自身による降圧効果だけでなく、薬物療法においても薬の効果を高めたり、薬の量を減らしたりすることが期待できます。

高血圧と言われたら、すぐに病院を受診し、医師の指導のもとで生活習慣の改善を始めましょう。
高血圧の原因について
TOPへ